日に 当たらない 太る

■わたしが実践したダイエット■

⇒たった3日で−4、2キロ達成した方法はコチラ

日に当たらないと太るらしい!?

すっかり寒くなったのに、いまだ食欲が衰えず!

 

こりゃ食欲の秋なんて言い訳が通用しない時期になってきましたね。
気づけば、あっという間に年末です。

 

もうちょっとしたら、美味しいおせち料理が…。
誘惑だらけで、ダイエットタイミングが見当たりません。

 

さて、ちょっと今日は真面目な話をしようかなと。
先ほど言っていた「食欲の秋」ですが、なぜ秋に食欲が増すと思います?

 

美味しいものが収穫される時期だから?
夏の疲れを回復するために食欲が増す?
過ごしやす気候になるから!?

 

それぞれ正解に見えますが、実は日照時間が影響しているのでは
ないかと言われています。

 

秋から冬にかけて日の入りが早くなり、夕方はすぐに暗くなります。
そのため1日の日照時間が短くなります。

 

また天候も悪い日が続けばさらにその時間が短くなりますよね。

 

脳内で働く「セトロニン」という神経伝達物質は、太陽の光を浴びると
目から脳に信号が送られることで脳内で合成される成分です。

 

セトロニンが不足すると、ストレスやうつ、睡眠障害の原因になると
いわれていますが、それ以外にも、消化や排便、体温調節など
自律神経に関係する体の働きにも影響を与えてしまいます。

 

そのため、日照時間が少ない時期は、セトロニンの分泌量が
減少してしまうため、それを補うために、食べ物からセトロニンを
摂取しようと食欲が増すのではないかという説があるそうです。

 

ちなみに、セトロニンを生成するためには、トリプトファンとビタミンB6、
炭水化物が必要です。

 

トリプトファンが豊富な食べ物は、牛・豚・鶏レバー、牛乳、大豆食品、卵、バナナなど。
ビタミンB6は、サンマ、アジ、サケ、サツマイモ、赤・黄ピーマン、炭水化物は、
穀類、イモ類、砂糖に多く含まれます。

 

炭水化物はダイエット中は食べ過ぎ注意ですが、もしかするとトリプトファンとビタミンB6を
バランスよく食べることで、食べ過ぎの欲求が収まるかもしれませんね。

SPONSORED LINK



■わたしが実践したダイエット■

⇒たった3日で−4、2キロ達成した方法はコチラ